兵庫県神戸市で過払い金請求、債務整理、任意整理、個人再生、自己破産ならJR神戸駅前の司法書士法人F&パートナーズ(旧 熊木事務所)へ。

任意売却

任意売却か競売か。一緒に考えましょう。

任意売却とは?

住宅ローンを滞納状態となると、融資をした金融機関は不動産を競売にかけることができますが、金融機関の了解を得て、所有者自らの意思で不動産を処分することを一般的に「任意売却(にんいばいきゃく)」といいます。

債権者である金融機関としても、不動産競売は費用も時間もかかるうえに、売却価格が時価を下回ることも多い等の理由から、昨今では任意売却に協力してくれるケースが増えています(むしろ、債権者側から任意売却を勧めてくることが多いです)。


任意売却と競売の違い

任意売却

  • 市場価格に近い価格で売却できる。
    よって、競売よりも、残債務を減らせることが多い。
  • 売却価格の中から、債務者の引越代を出してもらえることがある。
  • 一般的な売却と同じように売ることができるので、世間体的にも競売よりは良い印象

競売

  • 売却価格が市場価格を下回ることが多い。
  • その分、残債務が多く残ってしまう(自己破産する場合は特に問題になりませんが)。
  • 競売情報は開示されるため、世間体的には任意売却よりも悪い印象。
  • 基本的には、引越代はでない。


任意売却の時期

自己破産を検討している方の場合任意売却をすすめるにあたっては、自己破産手続きを依頼している専門家(弁護士・司法書士)と充分に協議をしてください。


任意売却後について

任意売却をしても住宅ローンの残債務が残ってしまった場合、(1)債権者と協議をして分割返済で和解、(2)サービサーに残債権を安く譲渡してもらった後にサービサーと低い金額で和解、(3)個人版民事再生の申立てをして債務を圧縮してもらう、(4)自己破産を申立てして免責をしてもらう、という方法などがあります。

どの手続きをとるにしても、高度な判断が必要とされますので、お一人で悩まず、専門家と相談しながらすすめるべきです。




メールマガジンの登録はこちら!

「債務整理手続き(任意整理個人再生自己破産など)」や「過払い金請求」に関するお役立ち情報をお届けしています!

「債務整理をしようと思っていてもなかなか一歩踏み出せない(電話ができない)」

そんな方は、まずメールマガジンへの登録を第一歩として踏み出されてはどうでしょうか。

もし不要になればいつでも配信解除できるものですので、どうぞお気軽にご登録くださいませ。

お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

*は必須入力です




こちらの記事もどうぞ!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional