兵庫県神戸市で過払い金請求、債務整理、任意整理、個人再生、自己破産ならJR神戸駅前の司法書士法人F&パートナーズ(旧 熊木事務所)へ。

司法書士と弁護士の違い

司法書士に依頼する場合の注意事項

当事務所は弁護士の事務所ではありませんので、以下の点にご注意・ご納得のうえお問い合わせいただきますようお願い致します。

  • 弁護士と異なり、司法書士にはご依頼者様を代理して交渉する権限に金額上の制限があります。
    紛争の目的の価格が1社あたり140万円を超える事案につきましては、ご依頼者様を代理して交渉することはできません(書類作成でのサポートになります。下記をお読み下さい)。なお、「紛争の目的の価格」とは、単純に「借金残高」を指すものではなく、貸金業者に対して免除を求めていく価格(将来の利息、元金のカット等)を指します。ですので、借金の残額が140万円を超えているからといって一概に司法書士に代理権がないというものではありません。
  • なお、140万円を超える過払い金請求案件をお手伝いさせていただく場合には、司法書士法第3条第4号に定める「裁判所に提出する書類の作成業務」によって本人訴訟をサポートさせていただきます。代理人まかせでなくご自身で裁判手続きをされたい方や報酬を安く抑えたいという方はぜひ司法書士の活用をご検討ください。


140万円を超える過払い金の返還請求の報酬

1社あたり5,250円

+下記基準による書類作成報酬

  請求する過払い金が140万1円~150万円の場合:157,500円(税込)
  以後、請求額50万円毎に31,500円(税込)加算。

  (書類作成報酬の例)
   請求額が150万1円~200万円の場合:189,000円(税込)
   請求額が200万1円~250万円の場合:220,500円(税込)


  • 「回収した金額」ではなく、請求した金額(過払金に対する利息を含む)により算出します。
  • 例えば、230万円の過払い金返還を求める裁判をお手伝いさせていただく場合、書類作成報酬として、220,500円が必要となります(回収した過払い金の中から精算させていただきます)。
    裁判の結果、220万円を回収したとすれば、回収額に対する報酬の割合は約10%程度となります。
  • 『訴状や準備書面の作成』により、過払い金返還請求を支援致します。代理交渉は行いません。
  • 140万円以上の過払い金回収において、費用を節約したい方はぜひ司法書士の書類作成支援をご活用ください。


まずはお電話から!

司法書士の熊木でございます!

過払い金、債務整理に関することなら、お気軽に下記へお電話ください!

電話:078−341−6552

受付:午前9時から午後8時まで

「HPを見まして、過払い金のことで相談したいのですが」

とお気軽にお電話ください。


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional