兵庫県神戸市で過払い金請求、債務整理、任意整理、個人再生、自己破産ならJR神戸駅前の司法書士法人F&パートナーズ(旧 熊木事務所)へ。

間違った借金解決方法

不動産担保ローンを組む前に読んでほしいこと。

 おまとめローンや不動産担保ローンを組む前に読んでほしいこと。

毎月の返済額を軽減する方法として、おまとめローンや不動産担保ローンを利用するという方法もあります。

実際、債務整理かおまとめローンかで悩まれている方から「どちらの方法が良いですか?」といったご相談もよく受けます。

債務整理とおまとめローン、あなたにとってベターな解決策はいったいどちらでしょうか。

両選択肢を比べた場合、おまとめローンの利点は、信用情報に傷がつかない、という点です。
おまとめローンで借りたお金を使って、元々の借金を契約どおりに返済するわけですから事故という扱いはされないわけです。

その点、債務整理の方は、自己破産個人再生はもちろん、裁判所を通さずに話し合いで解決する任意整理の手続きであっても、原則として、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。
(完済後に過払い金請求をする場合は載りません)

この点だけを比べると、「おまとめローンの方がよいかも」とお思いかもしれません。しかしながら、事故情報に登録されるということは、それだけ借金減額効果があるということです。

すなわち、債務整理手続きでは、

  • 過去に、利息制限法上限金利以上の利息を払ってきた場合、その払い過ぎ利息分はその都度元金を払っていたことになり、結果として、借金残高の減額が期待できる。
  • 上記の結果、むしろ払いすぎていた場合は、払いすぎたお金が返ってくることがある。
  • 将来の利息については、0%をお願いすることがほとんどである。
  • 個人再生手続きを選択した場合、借金残高のうち、最大80%部分について免除を受けれる可能性がある。

等のメリットがあるのです。

おまとめローンで解決になるなら、それはそれでいいと言えるかもしれません。
しかしながら、たとえば、住宅を担保に入れておまとめローンを組んだものの、結局、後になって払えなくなった場合、住宅ローン以外のローンについて住宅に担保権が設定されているので個人再生手続きで住宅を守る特則が使えなくなる、といったような、のちに債務整理手続きをする場合に弊害が発生したりということもあるわけです。

もし今、おまとめローンか債務整理かと悩んでらっしゃる方がいましたら、契約をしてしまう前に、ぜひ一度当事務所へご相談ください。
一緒に問題を解決しましょう。



メールマガジンの登録はこちら!

「債務整理手続き(任意整理個人再生自己破産など)」や「過払い金請求」に関するお役立ち情報をお届けしています!

「債務整理をしようと思っていてもなかなか一歩踏み出せない(電話ができない)」

そんな方は、まずメールマガジンへの登録を第一歩として踏み出されてはどうでしょうか。

もし不要になればいつでも配信解除できるものですので、どうぞお気軽にご登録くださいませ。

お名前(姓) *
お名前(名) *
メールアドレス *

*は必須入力です


こちらの記事もどうぞ!


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional